2018.8.8

アマゾン、物流博物館に展示物寄贈…ロボティクス模型など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子ども向け学習用プログラミング教材や展示パネルも用意

 アマゾンジャパン合同会社は7日、東京都港区の物流博物館に、同社の自走式商品棚「Amazon Robotics」の原寸大模型やフルフィルメントセンターの仕組みを解説するパネルなどを寄贈した。これらは常設展示物として公開される。

 

寄贈式の様子

 

自走式商品棚「Amazon Robotics」を展示

 今回寄贈されたのは、Amazon川崎フルフィルメントセンター(以下、川崎FC)で稼動している「Amazon Robotics(AR)」の駆動部分となる「ドライブ」の原寸大模型、商品棚「POD」の原寸大タペストリー(壁掛け)、「Amazon Robotics」を知るための子ども向け学習用プログラミング教材、川崎FCの仕組みをイラストにしたパネルなど。AmazonがFCに関するテクノロジーやイノベーションの事例を、博物館などの施設で常設展示するのは国内では初めてとなる。

 

Amazon RoboticsのドライブとPODの模型

 

 物流博物館は、(公社)利用運送振興会が運営する物流の歴史や最新の物流施設を学ぶための学習施設で、小学校・中学校の生徒らが遠足や修学旅行などで利用する機会も多い。

 

 物流博物館の木村正雄副館長は、同日行われた寄贈式で「当館は日本の物流に関する貴重な資料や模型などが数多く展示されるなど、子どもが楽しく学べる博物館となっている。主に江戸時代以降の物流の歴史を紹介する展示を行っているが、Amazonの協力により、最新の物流の仕組みについても紹介できるようになった」とコメントしている。

 

【寄贈品一覧】

・自走式商品棚「Amazon Robotics」原寸大模型
・「Amazon Robotics」原寸大タペストリー(壁掛け)
・「Amazon Robotics」「Amazon川崎FC」紹介パネル
・作業体験用商品棚
・「Amazon Robotics」紹介動画
・Amazonの地域貢献活動紹介動画
・プログラミング体験用のタブレット

 

展示パネルと、プログラミング体験用のタブレット(手前)

 

■物流博物館

関連記事