2018.8.8

アマゾン、物流博物館に展示物寄贈…ロボティクス模型など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子ども向け学習用プログラミング教材や展示パネルも用意

 アマゾンジャパン合同会社は7日、東京都港区の物流博物館に、同社の自走式商品棚「Amazon Robotics」の原寸大模型やフルフィルメントセンターの仕組みを解説するパネルなどを寄贈した。これらは常設展示物として公開される。

 

寄贈式の様子

 

自走式商品棚「Amazon Robotics」を展示

 今回寄贈されたのは、Amazon川崎フルフィルメントセンター(以下、川崎FC)で稼動している「Amazon Robotics(AR)」の駆動部分となる「ドライブ」の原寸大模型、商品棚「POD」の原寸大タペストリー(壁掛け)、「Amazon Robotics」を知るための子ども向け学習用プログラミング教材、川崎FCの仕組みをイラストにしたパネルなど。AmazonがFCに関するテクノロジーやイノベーションの事例を、博物館などの施設で常設展示するのは国内では初めてとなる。

 

Amazon RoboticsのドライブとPODの模型

 

1 2

関連記事