ロコンド、婦人靴の三鈴商事を買収…オムニチャンネル戦略実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ロコンドは3日、三鈴商事(株)との間でスポンサー契約を締結し、10月1日に設立を予定する三鈴商事の全事業を承継する新会社「Misuzu&Co.(株)」の全株式を譲り受けることで合意したと発表した。株式の取得額は1億2000万円。

 

 

三鈴商事の採算性が高い事業を新設会社が継承

 三鈴商事は1951年に創業。トレンドや機能性の高さを兼ね備えたシューズブランドを全国の百貨店・専門店に多数展開している。ロコンドが運営する靴・ファッションの通販サイト「LOCONDO」では、主要ブランドの「vanitybeauty(バニティービューティー)」から、パンプス/ブーツ/サンダル/カジュアルシューズ/フォーマルシューズなどを提供している。

 

 同社では、新設分割により三鈴商事の全事業を承継する新設会社の全株式を譲り受けることにより、同社の有力ブランドを積極的に展開するとともに、ロコンドが提供するプラットフォームサービスを新設会社で活用。オムニ戦略の実現や業務のデジタル効率化を図る。

 

 新設会社では、三鈴商事の採算性のある事業を承継させる予定で、ロコンドのシステム、ノウハウ、経営人材の経営資源を活用することで、企業価値の向上を図る。

関連記事