LOWYAのベガコーポ、1Qは営業利益50%減…欠品で機会損失

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベガコーポレーションが7月31日発表した2018年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が前期比5.2%増の33億7100万円、営業利益が同50.2%減の7100万円、純利益が同47.9%減の4600万円となった。

 

機会損失でCVRが75%減

 家具Eコマース事業(LOWYA)では、商品ページやクリエイティブを強化。SEOに強いサイト基盤構築を行うことでアクセスを強化し、旗艦店への集客力を高めたことにより、売上高が堅調に推移した。また、大手ショッピングモール内の価格競争激化に伴って前期上期に実施した値下げでは、前期末までに販売価格見直しを実施したことから、原価率が改善した。また、旗艦店の成長に伴い、アクセス人数が第4四半期に比べて2.8ポイント増加した。

1 2

関連記事