2018.8.1

ワンデリバリー、R-chat…楽天市場最大の変革を実行へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「楽天市場」がかつてないほどの大きな転換期を迎えている。宅配クライシスにより、ここ数年は年末年始に物流が麻痺する状況に陥った。物流を根本から見直さないと、これからの大きな成長が見込めない。こうした状況を打破するために、楽天(株)の三木谷浩史社長兼会長は1月に自社配送ネットワーク「ワンデリバリー」構想を掲げた。7月に開催された「楽天EXPO」では、ワンデリバリー構想の概容が明らかにされ、7月末には楽天市場の店舗に向けて「ワンデリバリー」への対応を含めた新たな機能変更の通知が出された。実行フェーズに突入した楽天市場最大級のイノベーションに迫った。

 

 

「ワンデリバリー」に向けた準備が着実に進行中

 

「配送」「販売」で大きな変革

 楽天市場は、直販部門である「Rakuten Direct」などのサービスを除き、約4万5000の出店店舗で構成する大型ECモールだ。店舗のECサイトは、自社で自由にデザインでき、販売スタイルもモールの枠内で個性を出すことができる。これは店舗側のメリットだが、運営者側の楽天が枠組みを変更すると、全店舗側に対応が求められ、負担が大きくなるというデメリットもある。「楽天EXPO」で打ち出されたのは、配送と販売面の変更というかつてないほどの大きな改定で、楽天と店舗にとっては、これまでにない高いハードルが待ち受けているが、これを乗り越えれば、ECモールとして大きな成長が見込める。

 

 

 楽天市場の試金石ともいえる今回の改正は、大きく分けて「配送」と「販売」、そしてそれらにともなう「料金改定」の3つに別れる。

 

 配送の改正は、包括的な物流サービス「One Delivery(ワンデリバリー)」の実現に向けた取り組みだ。ワンデリバリーでは、注文から商品をユーザーに届けるまでを楽天側のシステムに取り込み、楽天が物流を一元管理する。

 

 店舗の商品を楽天の倉庫で保管して物流を効率化し、注文からのスピード配送や、受取日時の指定・変更、置き場所指定・変更などにもリアルタイムで対応し、ユーザー側の利便性を向上する。

 

 

全商品の倉庫保管を「楽天スーパーロジ」で受託へ

 ワンデリバリーの核となるのは、商品保管から発送までを代行する物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」と、独自運営の配送サービス「Rakuten─EXPRESS」だ。

 

 楽天では全店舗の商品を「楽天スーパーロジスティクス」で保管することを目指す。18年に千葉県流山市に、19年には大阪府枚方市に、新たな大規模物流センターを稼働させる。楽天コマースカンパニー マーケットプレイス事業 市場企画部の海老名雅貴氏は「全店舗の全商品を保管するには、どれだけのスペースが必要なのかという試算はできている。目標は全店舗の商品を受託すること。その上で、エリアでの需要予測によって荷物を最適に配置する」と話し、全店舗が「楽天スーパーロジスティクス」を利用できる体制を整えているとした。9月1日から同サービスの料金体系は新たなものとなり、店舗側にも価格メリットを提供する。

 

 

3PLと提携も

 ただ、すでに自社で物流倉庫を持っている店舗や、3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)と自社の物流システムを構築している店舗などもあり、全店舗が「楽天スーパーロジスティクス」を利用するとなると、弊害が生まれてくる可能性もある。この点について海老名氏は「店舗によって状況は異なるため、個別に話をしたい。場合によっては3PLと提携する可能性もある」と話し、ワンデリバリーのシステムの枠組みのなかに、既存の物流システムを組み込み、対応するケースも想定していた。

 

 また、大型家具や冷凍食品などの倉庫保管については、「現在は検討段階」としながら、「今後は是非、取り組んでいきたい」(海老名氏)と話し、将来的には冷凍食品や大型家具などの倉庫管理も「ワンデリバリー」に組み込まれる可能性もあるようだ。

 

今秋から楽天スーパーロジ利用店舗の荷物を楽天EXPRESSで配送へ

 ワンデリバリーのラストワンマイルを担う独自配送システム「Rakuten─EXPRESS」は、現在「楽天ブックス」と「Rakuten Direct」の配送に限定されているが、18年秋ごろから「楽天スーパーロジスティクス」を利用する店舗の荷物も運ぶことになる。また、現在の対象地域は23区のみだが、年内には関西の主要都市に拡大し、将来的には全国での展開を目指す。

 

 ワンデリバリーでは、配達の経過も把握できるようになる予定で、海老名氏は「現在でも、大手3キャリアの配送状況は把握できるようになっている」と話し、将来的にはこうした仕組みを「Rakuten─EXPRESS」にも反映させる

 

1 2

関連記事