日本人の半数、ECでの購入を即決…SAP調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAPジャパン(株)が24日発表した「2018年SAP消費者動向調査レポート」によると、日本の消費者はEC上で購入を決めるまでの決断が早く、購入を即決する人が約半数にのぼることが分かった。また、約半数の人にカート放棄経験があることも明らかになった。

 

 

約半数がカート放棄経験あり

 

放棄理由は「配送料」「在庫切れ」など

 同調査は、日本を含むアジア太平洋地域で生活する2万人を超える人(日本では1000人)を対象に、オンラインショッピングの利用状況について調査し、その結果をまとめたもの。このうち日本の消費者の傾向をまとめたレポートでは、普段のオンラインショッピングにおけるカートの利用や、購入をクリックする動機について調査している。

 

 カート放棄の頻度についての質問では、「放棄しない」(17%)、「ほとんど放棄しない」(39%)、「時々放棄する」(34%)と、放棄する人の割合は比較的少なく、「いつも/2回に1回は放棄する」と答えた人は10%程度であることが分かった。

 

 カートを放棄する理由については、「配送料」と答えた人が51%と最も多く、「他のブランド/ウェブサイトの商品との価格を比較するために使用した」(40%)、「商品が在庫切れだった」(28%)が続いた。

1 2

関連記事