2018.7.20

ZMP、宅配ロボでラストワンマイル問題解消へ…藤沢で実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZMPは19日、宅配ロボット「CarriRoDelivery(キャリロ・デリバリー)」の新モデル(量産前モデル)を発表した。

 

 

6km/h、積載50キロまでをロボットが無人で配達

 「キャリロ・デリバリー」は、宅配ボックスを搭載し、カメラやレーザセンサで周囲環境を360度認識しながら荷物を目的地へ届ける宅配ロボット。物流のラストワンマイルの課題解消や、日々の買い物を手助けができるロボットとして開発を進めている。

1 2

関連記事