EC利用状況、約半数が月1回以上利用…ニールセン調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニールセンデジタル(株)が11日発表した「ニールセン・オンラインショッピングレポート 2018」によると、定期購入者がオンラインで購入する理由で最も多かったのは「重いものやかさばるものを持って帰らなくて良いこと」だった。

 

 

「食品・飲料・お酒」は全体の18%が定期購入を利用

 

 同調査は、月1回以上インターネットを利用している全国の18歳以上の男女約6000人を対象に実施したもので、18年6月に実施。商品カテゴリーごとに「今後オンラインでの購入が拡大するか」「商品を購入するまでのカスタマージャーニー(購買プロセス)でオンラインがどのような役割をしているのか」などを分析している。

 

 オンラインショッピングの利用状況については、インターネット利用者の83%がオンラインで消費財・耐久財を購入した経験があり、このうち49%が月に1回以上オンラインショップを利用している。ネットスーパーについては8%が月に1回以上利用していた。

 

 「食品・飲料・お酒」の定期購入状況をみると、「定期的に購入している人」は全体の18%で、定期購入者が最も多い化粧品(26%)の数値からは大きく下回っている。また「過去にオンラインで購入したことがあるが現在は購入していない人」は19%、「過去に購入したことはないが現在購入を検討している人」は15%だった。

1 2

関連記事