折込チラシ、半数以上で不適切表示…JADMA通販広告実態調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(公社)日本通信販売協会(JADMA)が25日発表した「2017年度通販広告実態調査報告書」で、調査対象となった新聞チラシ広告600件のうち、半数以上となる315件(構成比率52.5%)の折込チラシで、各種関連法規に定められた記載事項が欠落していることが分かった。

 

不適切表示の内容は「支払時期」未記載がトップ

 同調査では「新聞折込チラシ」と「テレビ通販CM」を調査。「新聞折込チラシ」は17年9月~10月と11月~12月に全国6都市・6紙に折り込まれた600件のチラシを対象とし、「テレビ通販CM」は同11月~12月の1週間にBS6局で放送された782件を対象とした。

 

1 2

関連記事