物流業界はパーソナライズ化へ、AIが人材不足の救世主に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DHLジャパン(株)が21日発表した「ロジスティクス業界における人工知能(AI)に関する調査」のDHL・IBM共同報告書で、ロジスティクス業界はAIの活用により能動・予測的に自動化され、パーソナライズ型の方向へと変わると予測した。物流関連の人員についても、これまで定型作業から解放され、付加価値のある作業に集中できるなど作業が効率化され、技術や能力を高める余裕が生まれる、とした。

 

 

IBMのディルクス氏「基幹プロセスでのAI活用を」

 同報告書では、ロジスティクス業界にとってのAIの影響や活用事例を取り上げ、人間の能力を大幅に強化するAIの可能性を明らかにしている。また、物流各社がAIをいかに理解し、グローバルサプライチェーン内に組み込むべきかについて提案し、さまざまな視点や模範事例を紹介している。

 

1 2

関連記事