2018.5.17

ロハコでカネボウの百貨店ブランド「LUNASOL」を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は15日、ショッピングサイト「LOHACO」で、カネボウ化粧品のコスメシリーズ「LUNASOL(ルナソル)」の取り扱いを開始した。これにより「LOHACO」のビューティカテゴリーのラインナップは、約250ブランドとなった。

 

 

 

 

百貨店向けコスメブランドをロハコでも取り扱い

 「LUNASOL」は、「浄化メイク」をコンセプトとし、手を抜かず丁寧にメイクすることを提案するコスメブランド。百貨店向け商品として東武百貨店池袋店、三越銀座店などで展開している。

 

 「LOHACO」向けの商品としては、『アイブロウ&スパークリングアイズセット オリジナルポーチ付』(9936円・税込)、『オイルインソリューション1』(180mL・5400円・税込)、『フィックス&セットエアリーミスト』(50mL・2376円・税込)をラインナップした。

 

 「LOHACO」では17年12月、平日昼間にデパートでのショッピングを楽しむことが難しい女性に向けて、「Night Department(ナイトデパートメント)」をオープン。まるでデパートの化粧品フロアを巡るようにショッピングが楽しめることから、多くの反響を得ているという。ビューティー分野の取り扱いブランドは「awake」「SK-II」「est」「TOCCA」「NEAL’S YARD REMEDIES」「ReFa」「L‘occitane」など。

 

 「Night Department」では、これから夏メイクの季節を迎えるのに合わせ、夏仕様にリニューアルし、“PRESTIGE BEAUTY”を前面に押し出した売り場をオープンした。

 

 同社では今後もプレステージ・ブランドの取り扱いを増やし、多様なニーズに対応する売り場づくりを目指したいとしている。

 

■LOHACO「LUNASOL」

 

■LOHACO「Night Department」


■LUNASOL

 

 

関連記事