2018.5.8

楽天市場が「Googleアシスタント」に対応、音声で商品検索も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は7日、同社が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」が「Googleアシスタント」に対応し、対話型インターフェースの提供を開始した。これにより、ユーザーは音声だけで欲しい商品の商品ページを表示させたり、商品を買い物かごに追加することが可能となった。

 

 

楽天市場がGoogleアシスタントに対応、商品ページなど表示

 利用時はまず、スマートフォンの「Googleアシスタント」に「OK Google、楽天市場につないで」と話し掛けて「楽天市場」にログイン。続けて商品キーワードを音声で伝えると、「楽天市場」での購入履歴を照会し、関連商品が音声で案内され、商品を買い物かごに追加することができる。商品の注文はアプリかWEBからになる。また、音声以外にも、Googleアシスタントとのチャット画面に商品ページを表示させることができる。

 

 「Googleアシスタント」は、Android 6.0・Android 7.0を搭載した端末、またはiOS 10.0以上で同アプリをインストールすることで利用が可能。「OK Google」と話し掛けることにより、各種アプリの起動や企業ホームページの閲覧、メッセージの送信などができる。

 

 今回、「Googleアシスタント」に対応したのはスマートフォンのみで、AIスピーカー「Google Home」には対応していない。楽天は「Google Home」の対応について、「現在のところ、対応する予定はないが、今後のユーザーのニーズによって対応を検討したい」と話している。

 

■Googleアシスタント

関連記事