2018.4.23

売れるネット広告社、オフライン広告ABテストツールを無料開放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れるネット広告社は23日、(株)Fusicと共同で開発したテレビCMや新聞広告などマス広告クリエイティブの「A/Bテスト」を可能とする新ツール「売れるTVCMクリエイティブテスター」「売れる 新聞・チラシ クリエイティブテスター」の無料提供を開始した。

 

 

加藤公一レオ社長「効果最大化し圧倒的な売上アップを」

 売れるネット広告社では、独自の市場調査に基づき、効果の高い広告クリエイティブを広告キャンペーン前に選定できる2ツールを開発し、14年6月にリリースしていた。今回、その2ツールの無料提供を開始した。無料化する理由について同社の加藤公一レオ社長は「一部の人の感性で選定したクリエイティブで、いきなり大規模な広告キャンペーンを行うという“古い文化”を壊し、事前に【A/Bテスト】によって最も効果の高いクリエイティブを選定(判断)した広告キャンペーンを展開するという“新しい文化”を全ての広告関係者に知っていただきたいから」だと説明している。

 

 同社ではウェブ上の「A/Bテスト」で一番効果が高かった広告クリエイティブは、テレビや新聞などのマスメディアでそのまま使っても同様に効果が高いことを確認。ウェブ広告を活用した調査は、新聞など紙メディアで掲載しようとする広告クリエイティブをランディングページにそのまま掲載したりしてA/Bテストを行う。テレビCMとして放送しようとする映像広告クリエイティブは、ユーチューブなどで公開しランディングページ内に盛り込んだりして調査を行う。

 

 2ツールには、ネット広告での正確な「A/Bテスト」を行うために必要な「広告クリエイティブテスト用ランディングページ制作機能」「通販機能」「テスト結果測定・分析機能」を搭載。専門的な知識がなくてもTVCMや新聞広告の広告クリエイティブ素材を用意すれば、10分程の登録作業で、テスト用のランディングページと入稿URLが完成し、TVCMや新聞広告の広告クリエイティブの「A/Bテスト」をネット上で行えるようになる。

 

 2ツールはこれまでに30社以上が導入。事例としては、インフォマーシャルのクリエイティブのA/Bテストを行なったところ、レスポンスが4〜5倍にアップしたケースもあるという。「オフライン広告のクリエイティブの効果を“最大化”し、圧倒的に売上をアップさせた」(同)と話す。6月には都内で2ツールに関するセミナーも開催する。

 

関連記事