2018.2.22

アスクル、「コピー用紙定期配送サービス」を全国展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は21日、試験的に導入し好評を得た「コピー用紙定期配送サービス」の対象エリアを全国に拡大し、本格的にサービスを開始した。

 

 

 「コピー用紙定期配送サービス」は、コピー用紙を毎月1回、第1週の金曜日に配達するもの。昨年9月から東京都内の一部エリアを対象に試験的に導入したところ好評だったことから、今回対象エリアを全国に広げた。

 

 対象商品は、海外製高白色コピー用紙『スーパーホワイト+』、海外製自然色コピー用紙『スーパーエコノミー+』、国産高白色コピー用紙『スーパーホワイトJ』、国産自然色コピー用紙『スーパーエコノミーJ』。数量は、A4サイズのコピー用紙1箱(5000枚)以上から選べ、9箱まで可能となっている。

 

 価格は商品により異なり、配送料込みで提供。特別価格として、コピー用紙1箱あたり通常価格から180円(税抜)、12カ月の利用で2160円(税抜)が割り引かれる。支払いは毎月の支払い分に含まれる。

 

 

 初回配達日は、23日18時までに申し込みの場合は3月2日(金)、3月30日18時までに申し込みの場合は4月6日(金)。以降は毎月第1週の金曜日に商品が届けられる。

 

■コピー用紙定期配送サービス

関連記事