2018.2.20

千趣会17年度決算は110億の赤字、インテリア・育児に特化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会がこのほど発表した2017年12月期連結決算は、売上高が前期比2.4%減の1259億9900万円、営業損失は42億8700万円、純損失は110億900万円で、2期ぶりの赤字決算となった。

 

通販苦戦でインテリア・育児ジャンルに特化へ

 通信販売事業のジャンル別売上高は、衣料品が同7%減、服飾雑貨が同8.8%減、インテリアが同15.7%減、生活雑貨が同12.5%減と苦戦。一方、食品については冬物商材(おせちなど)が好調で57.7%増の106億1600万円を計上した。その結果、カタログとインターネットを中心とした通信販売事業の売上高は同5%減の1012億7900万円となった。利益面では、掲載商品の早期調達・長期販売の方針を改め、販売中の商品の適時値下げを実施することで消化率向上を図ったが、営業損失は57億700万円(前期は2億4000万円の営業損失)に拡大した。

1 2

関連記事