2018.2.16

高級ブランドのECデパート「ストライプデパートメント」がオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ストライプインターナショナルとソフトバンク(株)が設立した合弁会社(株)ストライプデパートメントは15日、大人のためのECデパートメント「STRIPE DEPARTMENT(ストライプデパートメント)」をオープンした。

オンラインで百貨店のショッピング体験を提供

 「STRIPE DEPARTMENT」は、店舗数や取り扱いブランドの減少などの課題を抱える国内百貨店の課題解決を目的に立ち上げたECデパートメント。約600の高品質・高感度のブランド、6万点以上の商品ラインアップを実現し、オンラインで百貨店同様のショッピング体験が楽しめる。

 

 また同社では、ストライプがこれまでアパレル事業で培ったファッションマーケティング力と、ソフトバンクが提供するAIチャットボット、高精度なターゲティングが可能な広告配信プラットフォームなどの技術を掛け合わせ、独自のサービス構築と効率性の高い集客の実現を目指す。

 

 ストライプデパートメントの資本金は4億4000万円。株主構成はストライプインターナショナルが77.8%、ソフトバンクが22.2%。代表取締役社長は、ストライプインターナショナルの石川康晴社長が兼務する。

 

試着・接客サービスの提供でECの課題を解決

 同社では、「試着サービス」「Personal Styling」「AIチャットボット」の3つのサービスを提供することで、“試着ができない”“接客ができない”といったECが抱える課題を解決。「試着サービス」では、一度に3着までの試着の申し込みを可能にし、気に入ったアイテムのみを販売する。残りの商品は送料無料で返品可能となっている。

 

 「Personal Styling」では、ユーザーのサイズ・好み・購読雑誌や予算などのアンケートをもとに、パーソナルスタイリストがチャットによる接客を実施。スタイリストが相談に乗りながら、商品選びやコーディネートの提案を個別に行う。さらに、24時間質問可能な「AIチャットボット」の活用により、時間を問わずアドバイスを受けることができる。

 

 「STRIPE DEPARTMENT」サイトでは、人気モデルやスタイリストが登場する特集記事を定期的に掲載。開始直後の現在は、人気モデルの滝沢眞規子さんによる春のコーディネートを紹介している。今後も人気スタイリストの大草直子さんなどがスタイリング提案や連載を行い、新たなファッションメディアとしての情報提供を行う。

 

■「STRIPE DEPARTMENT」

関連記事