2018.1.31

楽天が物流でAmazon超える?自社配送網を2年以内に構築へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)の三木谷浩史会長兼社長は、30日に都内で開催された「楽天新春カンファレンス2018」で、「18年は大きなチャレンジに覚悟を持って取り組む」と宣言し、デリバリー戦略の一環として、Eコマースに特化した独自の配送ネットワークを2年以内に構築し、現在3カ所ある物流拠点を国内10カ所に拡大する方針を明らかにした。

 

 

全店舗で拠点受取サービス・チャット機能を提供

 また、楽天Payなどの決済サービスや商品の拠点受取(コンビニ・楽天BOXほか)など、これまで楽天市場の対象店舗のみが提供していたサービスを、今年に全店舗で提供することを明言した。また、ユーザーと店舗をつなぐ「チャット機能」を今年中に全店舗で導入を進める。

 

1 2

関連記事