通販化粧品市場、4.8%増の3712億円…販売高は過去最高

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TPCマーケティングリサーチ(株)が24日発表した「2018年通販化粧品の市場分析調査」によると、16年度(16年12月~17年11月の決算が対象)の通販化粧品市場は前年度比4.8%増の3712億円で、販売高が過去最高を更新した。2000年度との比較では2倍以上に拡大している。

リブランディングやSNSによるコミュニケーションで売上増

 主要企業別にみると、ファンケルやアテニアがリブランディングにより売上を伸ばしたほか、アイム、ランクアップ、協和、サントリーウエルネスなどがプロモーションを強化したことで大きく成長。分野別にみると、従来の通販チャネルではスキンケアの売上が中心だったが、I-neの「ボタニスト」が大ヒットしたことで、ヘアケアの売上が拡大している。また、17年度は主要メーカーが順調に推移したほか、店販系メーカーも通販チャネルを強化していることから、市場全体で4%以上の成長が期待される。

1 2

関連記事