2018.1.23

2月はサイバーセキュリティ月間、全員参加でセキュリティ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は17日、2月1日から3月18日(語呂合わせで『サイバー』)までを「サイバーセキュリティ月間」と定め、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動を実施すると発表した。

 

 

全国各地でイベントを開催

 期間中、政府機関をはじめ産学官民のさまざまな主体により、全国各地でイベント開催やポスター掲示などの取り組みが行われる。さらに政府では、2月1日のキックオフサミットを皮切りに、来場者体験型イベントの開催や人気アニメ作品とのタイアップ、「情報セキュリティハンドブック」の普及、情報発信の強化などを行う。

 

 「サイバーセキュリティ月間」は、誰もが安心して情報通信技術(IT)の恩恵を享受するために、国民一人ひとりがサイバーセキュリティについての関心を高め、問題に対応する必要性があることを訴えかけるもの。今年のキャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」で、普及啓発ロゴマークでは、セキュリティ対策で重要とされる「知る:ITリスクなどの情報を冷静に理解し知る」「守る=安全・安心にインターネットを利用し、サイバーセキュリティ上の脅威から身を守る」「続ける=サイバーセキュリティ対策を情熱を持って続ける」を表現した。

1 2

関連記事