2018.1.15

トラック待機時間削減に向けた実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸全昭和運輸(株)、(一社)ヤマトグループ総合研究所(ヤマト総研)、日本パレットレンタル(株)など、複数の日用品メーカーなどで構成される「日用品業界における業界標準受付予約システム開発普及協議会」は15日、トラックの待機時間解消に向けた複数事業者による実証実験を開始する。

 

 

トラックの待機時間解消で物流効率化へ

 同実験は、国土交通省の17年度の「モーダルシフト等推進事業費補助金」の認定を取得した共同輸配送・荷待ち時間の削減を目的とする実証実験。今回の実験では、ドライバーが事前に予約した時刻に到着することでトラックの待機時間がどれだけ削減できるかなどを検証する。実験期間は15日~2月5日まで。実験区間は、滋賀県米原市のサンスター米原倉庫、埼玉県加須市のライオン北関東流通センター、埼玉県杉戸町の丸全昭和運輸杉戸倉庫から、納品先の卸業者倉庫(埼玉県)までの区間。

1 2

関連記事