アンチエイジング市場規模は7080億円…インバウンド需要で好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)富士経済がこのほど発表した報告書「機能性化粧品マーケティング要覧2017-2018」によると、17年の機能性化粧品の国内市場は、前年度比2.5%増の2兆378億円に達する見込みとなった。機能性化粧品のうち、アンチエイジング市場は同4.4%増の7080億円、敏感肌市場が同2%増の892億円となった。

 

 

 同報告書は、スキンケア(5機能)、ベースメイク(6機能)、ボディケア(5機能)、ヘアケア(5機能)について、何らかの機能を訴求するものを“機能性化粧品”と定義し、カテゴリー別機能動向と注目商品動向を分析したもの。

1 2

関連記事