「ライブコマース」認知度は2割、利便性の高さに好印象も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイブリッジ(株)がこのほど発表した「フリマアプリ・サイトに関する調査」によると、「ライブコマース」の認知度はおよそ2割ということが分かった。

 

 同調査は、全国の20歳~49歳の男女600人を対象としたインターネット調査(リサーチプラス)で、調査期間は、11月17日~20日。

 

 

フリマアプリの不便な点は「偽装品や破損などの商品トラブル」が43%

 普段利用している、または過去に利用したことがあるフリマアプリ・サイトを尋ねたところ、「メルカリ」が24.7%で1位に。次いで「フリル」(9.3%)、「ラクマ」(8.3%)の順だった。また、利用者の割合を東名阪(東京・名古屋・大阪)の都市地域に住む人とそれ以外でみたところ、東名阪在住者が35.0%、それ以外が25.7%と、都会地域に住んでいる方のほうが利用する人の割合が高いことが分かった。

1 2

関連記事