16年国内化粧品市場規模、2.9%増の2兆4715億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が7日発表した「化粧品市場に関する調査」によると、16年度の国内化粧品市場規模は、前年度比2.9%増の2兆4715億円となり、すべての製品カテゴリーで前年度実績を上回った。

 

 

インバウンド需要・化粧品の需要増で好調を維持

 16年度は、15年度に続いて訪日外国人客によるインバウンド需要を取り込んだことに加え、景気回復を背景とした化粧品への需要増加や機能性の高いブランドや商品が投入されたことにより全体的に好調を維持した。

 

 製品カテゴリー別では、市場で最も高い構成比46.5%を占めるスキンケアの市場規模が、同3%増の1兆1490億円となった。中でも敏感肌化粧品、オールインワンジェル、自然派・オーガニック化粧品が好調。また、訪日外国人客を意識した売場作りや多言語に対応したカウンセリング、ギフトセットの販売、エステティックサービスなどの体験型のサービスを強化したことで、美容液・フェイスパックを中心にインバウンド需要の取り込みが進み、市場は拡大した。

 

 メイクアップ市場は同4.4%増の5482億円。ベースメイクでは、クッションファンデーションが好調に推移した。また、肌の悩みをカバーするコンシーラー、立体感を与えるハイライトなどに対する需要も高まっている。ポイントメイクでは、口回りに重点を置いたメイクトレンドが継続し、水や汗に強く色落ちしないティントタイプのリップカラーが好調となっている。

 

 ヘアケア市場は同1.6%増の4395億円。自然派化粧品を訴求するシャンプー・ヘアトリートメントブランドの拡大により単価の上昇と市場活性化が生じ、シャンプーやトリートメントが好調に推移した。ヘアカラーは、40歳代~50歳代をターゲットにした業務用ヘアカラー剤が好調だった。

 

 フレグランス市場は同2.1%増の296億円。上位メーカーによるプロモーションの強化、カウンターでのカウンセリング販売の強化により、ライトユーザーのヘビーユーザー化が進んでいる。外資系ファッションブランドのフレグランスなど高価格帯商品の好調に加え、若年層をターゲットにしたフレグランスについてもバラエティストアを中心に好調に推移した。

 

 男性用化粧品市場の市場規模は同1.2%増の1192億円。ニオイ対策を訴求した不快臭ケアのヘアケア商品が好調に推移した。一方、スタイリング剤は前年度比マイナスとなった。

関連記事