2017.11.1

凸版印刷とイロヤが提携、オムニチャネル支援の新サービス開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷(株)は10月31日、オムニチャネルの導入支援サービスを中核事業とするベンチャー企業(株)ROYAと資本業務提携を結び、小売業界のオムニチャネル戦略を支援する新サービスを共同開発すると発表した。

 

店舗での購入商品の受取・店頭送客支援サービスなどを共同開発

 今回の提携により両社は、凸版印刷のグループ会社である(株)マピオンが保有する地図情報を活用した共同事業など、リテール・テクノロジー領域でのサービス検討を開始。数千万件以上の地図情報や検索データを活用して、イロヤが運営する「IROZA(イロザ)」や「Monopos(モノポス)」の購買履歴、店舗での購入商品の受け取り、商品の取り寄せ(店舗取り置き)、店頭送客支援サービスなどの新サービスの共同開発を行う。

1 2

関連記事