2017.10.31

スクロールQ2は増収増益、通販・EC事業が大幅伸張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スクロールが27日発表した18年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高が前年同期比3.5%増の289億2800万円、営業利益が同21.7%増の12億900万円、純利益が同6.4%増の7億7500万円と、増収増益だった。

通販事業の利益が2.3倍に拡大

 通販事業では、新たに発行した働く女性向け商材の媒体が好調だったほか、商材ミックス型の媒体を拡大。掲載する商品数やページ数を見直し、カタログ配布を効率化するなど、売り場の強化と収益力の向上に努めた。また、組合員ニーズの把握により戦略商品を多柄・多色・多サイズで展開させるなど、商品企画にも注力。売上高は同4.5%減の171億4100万円となったものの、セグメント利益は同134.3%増の8億7900万円と大幅に伸びた。

1 2

関連記事