ベネッセ、子会社のTMJをセコムに159億円で売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベネッセホールディングスは1日、コールセンター事業などを手掛ける(株)TMJの全株式をセコム(株)に159億3000万円で譲渡すると発表した。TMJの売却でベネッセは、2018年3月期の通期決算で約154億円の特別利益を計上する予定。

グループ外の売上が7割以上に

 TMJは1992年にベネッセの100%出資企業として独立し、通信教育講座「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」のコールセンター業務だけでなく、同社グループ以外のコールセンター業務、アウトソーシング業務など、事業を拡大させてきた。17年3月期の決算は売上高が331億2500万円、営業利益が14億7400万円、純利益が9億9200万円だったが、売上高は同社グループ外からが7割以上を占め、グループ外の会社の売上比率が高まっていた。

1 2

関連記事