化粧品購入の決め手は「友人の紹介」と「コールセンター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)が13日発表した顧客ロイヤルティ指標「NPS(Net Promoter Score)」を基にした「通販化粧品・健康食品業界」ベンチマーク調査によると、NPSが最も高いブランドは「オルビス」となった。

 

 同調査は「NTTコム リサーチ」登録モニターのうち、該当ブランド利用者の男女1299人(男性42%/女性58%)を対象にしたネットアンケート。調査期間は9月29日~10月4日。NPSは、「友人や同僚に薦めたいか?」という質問への回答から算出される顧客ロイヤルティを図る指標で、欧米や日本でも活用企業が増えている。

1 2

関連記事