2016.3.11

シーズHD第2四半期、主力商品好調で純利益10%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(株)ドクターシーラボの親会社(株)シーズ・ホールディングスが10日発表した2016年7月期第2四半期(15年8月~16年1月)決算は、売上高が前年同期比1.2%減の175億4800万円、営業利益は同4.3%増の30億4300万円、純利益は同9.8%増の21億300万円となった。

 

 通信販売は、2015年11月に主力化商品「アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX」をリニューアルし、既存顧客を中心に好調な売れ行きとなった。また、アクアコラーゲンゲルシリーズで、「アクアインダーム導入エッセンス」や「VC100 エッセンスローション」とのセット販売により、周辺商品も訴求。しかし、新顧客の獲得が想定よりも少なかったことに加え、前期に獲得した新規顧客の定着しなかったことから、通信販売の売上高は同4.2%減の115億2800万円となった。

1 2

関連記事