2016.1.6

急成長の越境CtoC、「BUYMA」の課題と展望(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キュレーションメディアで世代に合わせてアプローチ

 バイマの利用者層は、「25~35歳未満」が最多の40%、「35~45歳未満」が25%、「25歳未満」が20%、残りの15%を「45歳以上」が占めている。同社の注目すべき点は、10~20代前半の若い世代へのアプローチだ。金田氏は「若い世代は他の世代と消費行動が若干異なっている。欲しい物を探す場合、他の世代は自らネットでキーワード検索をするなど、能動的な行動を取る。しかし、若い世代は自分から探すのではなく、ネットから入ってくる情報に左右されがちで、受動的な消費行動が目立つ。入ってくる情報で満足している傾向がある。世代ごとにアプローチを変える必要がある」と話す。

 

(株)エニグモ取締役 金田洋一氏

 

 異なる世代へのアプローチを可能にするため、同社は2月に20~30代の女子向けキュレーションメディア「4meee!」、主婦・ママ向けキュレーションメディア「4yuuu!」を運営するロケットベンチャー(株)を買収し、2つのキュレーションメディアとバイマを連携させたほか、新たなウェブマガジン「STYLE HAUS(スタイルハウス)」を立ち上げた。

1 2

関連記事