仁義なき宅配 ヤマトVS佐川 日本郵便VSアマゾン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと言で言うと、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の成り立ちと宅配便への取り組み、そして著者の宅配ドライバー助手、物流センターの倉庫係としての体験談が書かれた本だ。本書を一読すれば、宅配便の歴史と実情をすべて理解することができる。 著者は、物流の業界紙の記者時代から数えて、20年以上、宅配便を含む物流業界の記事を書いてきた人物だから、内容が濃い。

 

また、上記の企業に正面から取材するだけでなく、“現場”を自ら体験して本書を書いた姿勢には頭が下がる。その体験談は過酷で、華々しい各社の歴史など吹き飛んでしまうほどだ。 また、著者はアマゾンを始めとするECの送料無料がどんなに物流企業、ひいては現場の人を苦しめているかを繰り返し指摘する。また、「下積厳禁」「ワレモノ注意」「ナマモノ」「横抱え厳禁」などのシールを貼り自分の発送する荷物だけを特別扱いするように要求するなら、その分のその料金を上乗せして荷主が支払うべきだと著者は主張する。「時間指定」についてもそうだ。ある佐川急便のセールス・ドライバーは、自分で指定した時間に受け取れないのなら、一般客から追加料金をもらえば良いと提案する。まさにその通りだ。 物流業界は値下げ競争から抜け出し、料金適正化の流れにある。宅配会社が非情な値下げを要求するアマゾンの宅配から次々撤退する中、どういうからくりでヤマト運輸がアマゾンの物流を請け負っているのか分からないが、料金適正化の流れは推進しなければならないだろう。

1 2

関連記事