2015.8.19

富士フィルムがDHCを提訴、アスタキサンチン化粧品の特許侵害で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)ディーエイチシーが製造・販売するスキンケア化粧品「アスタキサンチンシリーズ」のジェルとローションが、富士フィルム(株)のアスタキサンチンに関する特許権を侵害するとして、富士フィルムは17日、同製品の製造・販売などの差し止めと損害賠償を求めて東京地方裁判所に提訴した。

 

 富士フィルムが所有する特許は「アスタキサンチンを含む分散組織物およびスキンケア用化粧料に関する特許」で、不安定で扱いにくいアスタキサンチンを安定化させ、独自の技術により化粧品への配合させることに成功した。この技術は富士フィルムのスキンケア化粧品「アスタリフトシリーズ」(2007年発売)に活用されている。

 

 富士フィルムの広報担当者は「実害は把握できていないが、弊社の技術を無断で使用していることから、製造・販売の停止を求めて提訴した」と話した。DHCの広報担当は「係争中のため、コメントできない」とした。

関連記事