2014.12.25

EC 利用時の情報源で最も利用しているのは、「口コミサイト」35.9% (2013年度 経済産業省調査)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久保京子の「ネットショップCS情報局」より

前回の記事では、経済産業省「平成25年度我が国情報経済社会における基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果より、2013年の国内EC利用頻度・機器・金額・購入商品・支払方法を取り上げました。 今回は、以下を確認します。 ・ ECの利用時の情報源 ・ EC利用時のサイト選択基準 過去1年間(2013年1月~2013年12月)にECを利用したことのある、EC利用者についてのアンケートデータです。 ●EC 利用時の情報源で最も利用しているのは、「口コミサイト」で35.9% 「口コミサイト」は、2010 年度より1位だが、2012 年の39.1%より、3.2ポイント減少した。 2位は、「インターネット広告」(31.5%:0.9ポイント増)、3位は、「検索エンジンによる検索結果ページ」(29.7%:2.9ポイント減)の順となっている。 その他、減少傾向にあるのは、「商品提供事業者のホームページ」(24.1%:8.1 ポイント減)、「実店舗店頭」(14.6%:5.9 ポイント減)、などの項目が 2012 年より減少している。 その他の項目は、前年から大きな変化はなかった。

経産省_情報源グラフ2014

1 2

関連記事