EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2020.01.24 通販会社

買い物難民の支援へ…移動スーパー「とくし丸」、宮城県に初開業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オイシックス・ラ・大地(株)は23日、移動スーパー事業を展開する連結子会社の(株)とくし丸が、宮城県で開業したと発表した。提携するAコープ東北(株)が同県大崎市に出店したことから、同県初の進出となった。併せて全国では46都道府県目ともなった。

東北6県で稼働車が44台に

 とくし丸は、「買い物難民の支援」を目的に2012年に設立。16年5月からオイシックス・ラ・大地の子会社となった。提携する地域のスーパーマーケット(SM)と契約した「販売パートナー」と呼ぶオーナー経営者が、SMの商品約400品目1200点を冷蔵機能を備えた軽車両に積み込み、各エリアを巡回して販売。全国120社のSMと契約し、476台が稼働中だ。

 地域の自治体や警察署と「見守り協定」を結び、利用者に病気の兆候があった場合は地域包括センターなどに連絡。詐欺事件を防止するなど、地域の安全にも一役買っている。

 宮城への進出を含め、東北6県では提携SMが11社、稼働車は44台となった。Aコープ東北とのつながりでは岩手で8台、秋田で1台を稼働させており、宮城での開業が10台目。名称は「Aコープ東北10号車」だ。

過疎化が進む東北の救世主となるか

 とくし丸によると、提携SMも増加傾向で、現場で働く販売パートナー候補からも多くの問合せを受けているという。東北地方は各県で高齢化、過疎化が進み、一人暮らし世帯や高齢夫婦のみの世帯も増加傾向にある。見守り活動強化の必要性も含め、移動スーパーが担う役割は大きく、稼働の拡大を見込んでいるエリアだという。

 週に2日、利用者の自宅前まで訪問して商品を販売する。同時に、御用聞きや見守り活動も実践。粗利の30%を地域のSMと販売パートナーで分け合う仕組みで、利用者への販売価格は、1商品あたり店頭価格プラス10円で、双方に5円ずつ還元される。

 買い物に困っている地域の利用者を支援し、見守り活動もしながらSMの利益を生み、現場で働く販売員の雇用にもつながるという、持続可能なビジネスモデルが評価され、公益財団法人・日本デザイン振興会が主宰する17年度の「グッドデザイン賞ベスト100」や、総務省の「ふるさとづくり大賞(19年度)」などを受賞している。






ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。