EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.11.13 通販会社

富士山マガジンサービス3Q、売上高30%増…サブスクが好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)富士山マガジンサービスが12日発表した2019年12月期第3四半期(1~9月)の連結決算は、売上高が前年同期比30.2%増の31億9800万円、営業利益が同17.2%増の1億8300万円、純利益は同6.4%減の1億円万円となった。


Fujisan VCSで会員増も獲得コストが増加

 同社サービスの基盤となるインターネット、ブロードバンド関連の環境については、引き続き拡大基調にある。一方、9月の雑誌の販売状況は前年同期比で約7.3%減となり、落ち込みが加速している状況となっている。こうした中、雑誌の定期購読者の囲い込みや新規読者の獲得のため、引き続き各マーケティングチャネルの充実、SEO対策やリテンション対策を実施した。

 

 さらにWEB経由以外で新規の雑誌定期購読者数を増やすために、出版社が管理する既存の定期購読顧客の管理を移管し、同社グループが購読顧客の獲得、管理、配送までを一括で受ける「Fujisan VCS(Fujisan Value Chain Support)」を展開。法人顧客開拓についても、引き続き注力してきた。

 

 この結果、一般と法人購読者を合わせた総登録ユーザー数は316万6700人、うち継続課金ユーザー数は59万7000人となった。雑誌市場の減少にかかわらず、会員数は着実に伸びているが、ユーザー獲得コストも増加している。

 !nextpage!

magaportの雑誌読み放題サービスは成長

 デジタル雑誌関連の事業では、前期から新たに(株)電通と合弁で設立した(株)magaportの事業開始に伴い、従来の「Fujisan.co.jp」上でのデジタル雑誌販売だけでなく、他の電子書店向けのデジタル雑誌取次分野や派生するサービス領域事業に注力した。引き続き、雑誌読み放題サービスは成長を続けており、第2の柱に育ちつつある。  

 

 コスト面では、主に配送請負について、さまざまな施策に取り組んだ結果、今期はじめに想定していたコストと比較して、発生するコストを抑えることができた。

 

 同社は10月、(株)イードとの合弁会社(株)イデアを設立した。出版社向けのECサイト運営支援事業と、雑誌の世界観に基づくEC直営店舗運営事業で、新しい価値創出をめざす。



ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。