EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.09.12 ECモール

Amazon、「置き配」を標準配送にした実証実験開始 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は11日、「置き配指定サービス」を標準の配送方法とした際の利便性や効果を検証するため、国内初となる実証実験を開始すると発表した。期間は10月から約1カ月間。岐阜県多治見市の顧客を対象に、在宅・不在に関わらず、指定の場所に商品を届ける。「置き配」を希望しない場合は、期間中でも対面での受け取りを選択できる。


アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダ(左)と岐阜県多治見市 古川雅典市長(右)

 

 多治見市の人口は11万人あまり。アマゾンが2012年にフルフィルメントセンターを開業したゆかりの地でもある。実験では再配達率など配送効率の変化をはじめ、損傷や紛失のデータ、対面での受け取りを選択した顧客などに関するデータの集計を行い、実証実験期間の前後で顧客調査の実施も予定している。!nextpage!

配送後は配達場所の写真をメールなどで連絡

 利用者は「配送ボックス」「玄関」「ガスメーター」「ガレージ」「自転車の荷物かご」「ビルの受付係」など、置き配を希望する場所をリストから選ぶことができる。完了すると、ドライバーは専用タブレットで商品を配達した場所の写真を撮影。利用者は配達完了のメール、またはアマゾンの配達状況確認ページで確認できる。天候やその他の状況で指定場所への配達が困難な場合は、利用者に連絡をとり、都合のいい他の配達方法を相談できる。

 

アマゾンも多治見市も配送問題の解決に期待

 アマゾンジャパン合同会社のジェフ ハヤシダ社長は、「貴重な機会をいただいた多治見市民の皆さま感謝します。取り組みが配送に関わる社会的課題解決のために重要な役割を果たすものと考え、一層の利便性と安全性の高い配送サービスを提供できるよう、努力を継続していきます」とコメント。


 多治見市の古川雅典市長も「他の地方都市に先駆けた実証実験への協力は、市民にとっても住みやすい街づくりに向けた取り組み」と期待している。アマゾンは置き配指定サービスの実施エリアを徐々に拡大しており、今後も大都市圏を中心に増やしていく方針だ。現在の実施エリアはアマゾンのサイトで確認できる。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。