EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.06.28 行政情報

肥満訴求のプロテインで景表法違反、ふるさと和漢堂に措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁と公正取引委員会九州事務所(公取九州)は28日、根拠なく肥満効果を標榜してプロテインを販売していたとして九州の通販会社・ふるさと和漢堂(株)に対し景品表示法に基づく措置命令を行った。

 

 

「ドクター・フトレマックス」で違反認定

 今回摘発の対象となったのは、ふるさと和漢堂が販売する「ドクター・フトレマックス」というプロテイン。同社はECサイト上で「長年のコンプレックスだった体系を約2ヶ月で克服!」「太る専用プロテイン」などと表示していた。消費者庁と公取九州は、「あたかも、食物の栄養素を十分に吸収できない者であっても、本件商品を摂取することにより、約2か月で、外見上身体の変化を認識できるまでの体重の増量効果が得られるかのように示す表示」と判断。合理的な根拠を示す資料の提出をふるさと和漢堂に求めた。同社から資料は提出されたが、根拠と認められるものではなかく優良誤認の違反表示と認定された。

!nextpage!

打ち消し表示も無効と判断、肥満訴求の措置命令は2例目

 ふるさと和漢堂のECサイト上には「※体重には個人差があります。効果を保証するものではありません」などとした打ち消し表示も行っていた。ただ、消費者庁と公取九州は「表示から受ける商品の効果に関する認識を打ち消すものではない」とし、無効な打ち消し表示であると判断した。

 

 措置命令の内容は(1)優良誤認表示を行っていたことを一般消費者に周知すること(2)再発防止策を講じ、役員・従業員に周知徹底すること(3)今後、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく同様の表示を行わないこと――の3つ。

 

 肥満訴求の食品に措置命令がなされたのは、18年7月の(株)Life Leafの件に続き2例目とみられる。

 

▽関連記事:「太るためのサプリ」に根拠なし、消費者庁が措置命令

 

■ふるさと和漢堂株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について(消費者庁サイト)

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。