EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.06.11 調査・統計

10~20代の7割が電子マネー所持、交通系が最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)テスティーが運営する「TesTee Lab」が10日発表した若年層を対象とした「電子マネーに関する調査」によると、10~20代の約7割が電子マネーを所持しており、2年前に比べて増えていることがわかった。

 

 

 同調査は、10~20代の男女3396人(10代男性851人/10代女性845人/20代男性836人/20代女性864人)を対象に実施したアンケート調査によるもの。

 

若年層が最もよく使うのは「現金」、次いで「電子マネー」

 まず、直近1カ月以内に利用した支払い方法について聞いたところ、「現金」が最も多く10代・20代ともに9割が「現金払い」を利用。次いで「電子マネー」が多く、10代で38.4%、20代で45.3%が利用していた。キャッシュレス化の推進で注目されている「スマートフォン決済」は10代で11.5%、20代で18.2%に留まっている。また、20代では約5割が「クレジットカード」を利用していることが判明した。

!nextpage!

交通系電子マネーの利用率は7割超

 電子マネーの所持率については、10代では65.2%、20代では73.5%が「電子マネーを所持している」と答えている。18年・17年の所持率に比べて、電子マネーの所持率は上昇している。また「電子マネーを利用している」と回答した人を対象に、利用している電子マネーの種類を聞いたところ「交通系の電子マネー」と回答した人が最も多く、10代で73.7%、20代で68%を占めた。次いで、10代では「nanaco」が24.9%、20代では「WAON」が34%で多かった。

 

「使い過ぎる」「搾取される可能性がある」が不安

 「今後、電子マネーがさらに普及してほしいと思うか」という質問に対しては、10代で78.5%、20代で75.2%が「普及してほしいと思う」と回答。電子マネー利用時に不安があるかについては、10代では42.8%、20代では42.6%が「不安がある」と回答した。以前の調査と比較すると不安に思う人の割合は下がっている。

 

TesTee Lab

 

 不安に感じる理由については、「現金と違って残高が分かりづらく使い過ぎてしまう」(15歳男性)、「ハッキングや盗難・情報流出などで電子マネーが使用されてしまう」(26歳女性)、「停電などもしもの時に使えなさそう」(27歳男性)といった意見が見られた。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。