EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.04.05 ECモール

Amazon茨木FCが本格稼働、最新物流ロボット導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は4日、大阪府茨木市にある新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働を開始した。同FCには、国内では2例目となる「Amazon Robotics(アマゾン・ロボティクス)」を導入している。

 

 

“商品棚ごと”持ち上げるロボットで従業員の負担を軽減

 アマゾン茨木FCには最新型の「Amazon Robotics」が導入された。「Amazon Robotics」は、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げてFC内を移動する。これまでの「Amazon Robotics」より薄型のロボットながらも、より重量のある棚を持ち上げることが可能となっている。

!nextpage!

従業員は「Amazon Robotics」を活用し、書籍・電子機器・玩具などの商品を取り出して梱包し、出荷作業を行う。ロボットが商品棚ごと従業員の前まで運ぶことにより、従業員が移動することなく作業することができる。従業員の負担が軽減だけでなく、入荷後の商品の棚入れ時間と、注文後の棚出し時間の削減にもつながる。

 

 

 また、働きやすい職場環境を整えるためにカフェテリアを設けた。1食200円程度~の安くて健康に配慮したメニューや無料のドリンクを提供する。ソファーのある休憩スペースや作業エリアで音楽を流すなど、リラックスできる環境作りを目指している。


名神「茨木IC」至近の好アクセス

 アマゾンジャパン合同会社のジェフ・ハヤシダ社長は、「アマゾン茨木FCにより、西日本を含む全国のユーザーに、より快適なオンラインショッピング体験を提供したい」とコメント。茨木市の福岡洋一市長は、「Amazonの物流拠点が茨木市で稼働することをうれしく思う。地域の活性化と雇用促進につながることを期待している」と言葉を寄せた。

 

 アマゾン茨木FCの延床面積は約1万9300坪(約6万4000m2)。名神高速道路「茨木IC」に近く、JR「茨木駅」「総持寺駅」、阪急「茨木市駅」などからの交通アクセスにも優れている。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。