EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.01.29 通販会社

IoT端末がコピー用紙残量を検知→自動発注、アスクルが新サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は28日、コピー用紙の残量をIoT機器「スマートマット」で検知し自動で発注・配送する「コピー用紙自動配送サービス」を2月下旬から開始する。

 

 

IoTデバイス活用でコピー用紙の自動注文を実現

 「スマートマット」は、(株)スマートショッピングが提供するIoTデバイスで、重量センサを搭載した機器上に物を置くだけでコピー用紙の残数を自動計測する。電池とWi-Fiで動作するため置き場所を選ばないといった特長がある。

 

 「コピー用紙自動配送サービス」では、コピー用紙の残量を検知して、あらかじめ登録済みの住所に自動で配達するため、毎回注文する手間が省け、ストック切れの心配がなくなる。さらに人手不足の解消や発注し忘れの防止、在庫最適化にも役立てられる。

!nextpage!

デバイスレンタル費用は月額300円

 対象商品は、海外製高白色コピー用紙『スーパーホワイト+』、海外製自然色コピー用紙『スーパーエコノミー+』、国産高白色コピー用紙『スーパーホワイトJ』、国産自然色コピー用紙『スーパーエコノミーJ』。追加の支払い手続きは不要で、他の商品とまとめて支払える。料金は「スマートマット」のレンタル費用のみで、初期費用無し・月額300円(税抜)で利用できる。

 

 同サービスを導入した背景について同社は、ユーザーから「コピー用紙の発注の手間を削減したい」「買い忘れを防止したい」といった声が多く寄せられたからと説明。その対策として、18年2月から「コピー用紙定期配送サービス」を開始したが、「コピー用紙の利用量が一定ではないため定期配送では余る」「なくなるタイミングで注文したい」などの理由から、利用を断られるケースもあったという。そこで自動でコピー用紙が注文できる同システムを導入。「注文の手間削減を実現すると同時に、コピー用紙も通常価格から値引きした特別価格となるため、経費削減にも貢献できる」として、利用を勧めている。

 

コピー用紙自動配送サービス

 

スマートショッピング

 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。