EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.11.30 調査・統計

ブランド品の処分、消費者の5割強がフリマアプリで売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エコリングが「お給料とほしいものに関する意識調査」実施

 (株)エコリングが28日は発表した「お給料とほしいものに関する意識調査」によると、全体の6割近くの人が、流行が過ぎた後のブランド品を「売る」と回答。そのうちの過半数がフリマサイトやアプリを利用していることが分かった。

 

 同調査は、全国20代~30代の男女1258人を対象としたインターネット調査(モニター提供:ゼネラルリサーチ)によるもので、調査期間は18年11月13日~2018年11月14日。

 

 まず、12月の給料(ボーナス)の使い道について聞いたところ、第1位「貯蓄」(72.51%)、第2位「物の購入」(31.57%)、第3位「旅行費用」(23.42%)との結果が得られた。

 

 

 「物の購入」の具体例では、「ブランド品(洋服・鞄・靴など)」(36.77%)、「家電製品」(31.61%)、「家具」(7.74%)の順に多く回答が得られ、比較的高価な物が多かった。

 

!nextpage!

リサイクルショップ・質屋は「安く買い取って高く売っている」の印象強く

 また、流行が過ぎたブランド品(洋服・鞄・靴など)の処分方法については、59.11%の人が「売る」と回答。売る方法については、「フリマサイト/アプリ」(51.43%)と「リサイクルショップ/質屋」(47.75%)が、約半数ずつとなっている。

 

 

 「リサイクルショップ(または質屋)を利用については、68.12%の人が「利用したことがある」と回答。その一方で、リサイクルショップ(または質屋)については、「安く買い取って高く売っている」(58.19%)、「買い取ってくれないものがありそう」(19.05%)、「お店に持って行くのが面倒」(15.25%)といったイメージを抱いていることが明らかとなった。

 

 

 

 同社は、これらの調査結果を踏まえた上で「エコリングではユーザー都合に合わせた査定・買取方法を提案するなど、今までのリサイクルショップ(または質屋)のイメージを変えるサービスを提供している。また、ブランド買取りだけではなく、不用品買取も行っている。売ることを諦めて捨ててしまう前に一度相談してほしい」とコメントしている。

 

■エコリング

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。