EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.11.16 調査・統計

越境ECの利用率、1位は中東で70%・2位はアフリカで62%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PayPal Pte. Ltd.(以下、ペイパル)が発表した「越境ECグローバル調査に関するレポート」によると、海外の通販サイトで買い物をする割合は、中東で70%と最も割合が高く、次いでアフリカの62%となった。

 

 

 同調査は、調査会社イプソスの協力で実施したインターネット調査によるもので、対象は世界31カ国の18歳以上約1000~2000人(合計で3万4052人)。調査期間は18年3月13日~5月1日。同社による「越境ECグローバル調査」は今回で4回目となる。

 

8割が定期的に海外のECサイトで買い物している国・地域も

 海外通販サイトの利用は急速な成長を続け、今回調査した31カ国では調査対象者の約半数が「海外通販サイトで買い物をしている」と回答している。最も割合が高いのは中東の70%、次いでアフリカの62%となった。海外通販サイト利用者のうち、アイルランド、オーストリア、イスラエルでは、約80%が定期的に海外の通販サイトで買い物している。人気のある商品は、「洋服や靴」(68%)、「家庭用電化製品」(53%)、「玩具」(53%)。

!nextpage!

中国は半数以上がモバイルでショッピング

 また、モバイル端末やタブレット端末を利用したオンラインショッピングは拡大を続け、世界中の決済額の30%以上となっている。国別では、「中国」(53%)、「インド」(48%)、「米国」(45%)の割合が高かった。開発途上国においてもeコマースは順調に成長。インド、アルゼンチン、フィリピンなどの国では、オンラインショッピングの利用額が前年と比較して大幅に増加し、年間成長率は「インド」(42%)、「アルゼンチン」(40%)、「フィリピン」(26%)となっている。

 

 同社では、これらの結果を踏まえて、グローバルを対象とした販売機会を拡大するためにマーチャントが焦点を当てるべき4分野として、(1)競争力のある価格設定と配送料・関税・手数料などの事前開示、(2)自国では購入できない独自の商品の販売、(3)自国通貨で購入できるオプション、(4)セキュリティの確保と「返品できる」「商品が届く」といった安心感の提供―を選出。ウェブサイトを消費者が好む内容に調整することで、海外取引による売上が伸ばせるとしている。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。