EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.09.19 調査・統計

おせち料理の購入、「通販・ネット注文」が7割…過去最高の数値に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ハースト婦人画報社がこのほど発表した「2019年おせちに関するトレンド調査」によると、おせち料理を購入する場所として「通販・ネット注文」を挙げた人が70.9%に上ることが分かった。15年の調査結果と比べて18.1ポイント増加している。

 

 

おせち料理の通販・EC利用率、3年間で56%→70%に拡大

 同調査は、同社がカタログギフト大手のリンベル(株)と共同運営する通信販売事業「婦人画報のおかいもの」のユーザー約1300人(男性73人・女性1248人)を対象に実施したインターネット調査によるもので、調査期間は18年8月25日~29日。

!nextpage!

 まず、「来年のおせち(重箱入り・単品含む)を購入しますか」という質問に対しては、全体の56%の人が「購入する」と回答。その理由として「自宅では作れないような品目が味わえるから(67.7%)、「有名店の味を味わえるから」(40.9%)、「自宅まで届けてもらえて便利だから」(40.3%)と答えている。

 

 おせちを購入する場所については、「通販・ネット注文」と答えた人が70.9%と、15年の調査開始以来、過去最高のスコアに。通販・ネット注文をする人は年々増加傾向にあり、15年は52.8%、16年は67.6%、17年は68%だった。購入する価格帯については、「1万円~2万円未満」(40.5%)、「2万円~3万円未満」(30.1%)、「1万円未満」(15.1%)の順に多く、平均価格は2万1613円。中には「10万円以上」(0.1%)との回答もあった。

 

あったらいいと思うおせち1位は「有名シェフ・料理人によるおせち」

 一緒におせちを食べる人数については、15年が平均4.4人だったのに対し、18年は3.6人と、これまでで最も少ない人数に。「こんなおせちがあったらいいと思う」ベスト5でも、第2位「少人数用おせち」(38.2%)、第4位「一人一重になっているおせち」(26.4%)など、一緒におせちを食べる人の数が減っていることを思わせる回答が目立った。

 

 「こんなおせちがあったらいいと思う」ベスト5の第1位は「有名シェフ・料理人によるおせち」(41.5%)、第3位は「和洋中組み合わせのおせち」(32.9%)、第5位は「オードブル付きおせち」(22.5%)だった。

 

「婦人画報のおかいもの」

 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。