EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.08.17 通販会社

BEENOSなど、ベトナムCtoCのsendoに56億円出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BEENOS(株)は16日、SBIホールディングス(株)、econtext Asia Limited(香港)、BEENEXT、ソフトバンク・ベンチャーズ・コリア、大和PIパートナーズ(株)、SKS Ventures(台湾)、FPTグループ(ベトナム)と共同で、ベトナムCtoCマーケットプレイス最大手のSen Do Technology Joint Stock Company(Sendo)と、総額5100万米ドル(約56億円)相当の第三者割当増資を引き受けることで合意したと発表した。Sendoが調達する金額は、ベトナムスタートアップの資金調達としては最大級となる。

 

 

ベトナム最大規模のオンラインマーケットプレイス

 なお、BEENOSは14年12月、SBIホールディングス、econtext Asia Limitedと共にSendoに共同出資し、合弁事業を行っている。今回のSendoへの出資は追加出資となり、出資比率は5~10%となった。

!nextpage!

 Sendoは、FPTグループの一事業として12年にサービス提供を開始。個人や中小規模の商店に広く開かれたオンラインマーケットプレイスとして成長を続け、現在ではベトナム63省で約30万人のセラーが1000万点を越える商品を販売している。年間換算流通総額は、CtoCマーケットプレイスではベトナム最大規模の3.3億米ドル(約370億円相当)。

 

BtoCマーケットプレイス「SenMall」立ち上げへ

 今回の調達資金は、Sendoの事業成長資金として活用され、既存のCtoCマーケットプレイス「Sendo」の拡大を行うほか、BtoCマーケットプレイス「SenMall」の立ち上げ、「SenPay」を通じたオンライン決済サービスの強化に充てられる。これにより20年までにプラットフォームの流通総額を10億米ドル(約1110億円)以上に増やす考え。

 

 BEENOSは、これまでに世界11カ国80社以上の企業に出資し、越境EC関連サービスの運営、インバウンド需要を見込んだ日本独自のコンテンツ商材の企画・開発を行っている。Sendoへの追加出資は、ベトナムEC市場の伸びと、Sendoのフィンテックも含めたプラットフォーム上での価値向上の可能性を見込んでいる。

 

 同社では今後も引き続き、クロスボーダーECを通じた事業連携、ECに関連するナレッジ共有・技術連携などにより、株主や戦略パートナーとしてSendoをサポートしていきたいとしている。

 

BEENOS

 

Sendo

 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。