EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.07.03 通販会社

ZOZO、海外展開開始…ゾゾスーツなど10万人に無償配布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スタートトゥデイは3日、プライベートブランド(PB)「ZOZO」の海外展開をローンチした。ゾゾスーツやTシャツ、デニムのセットを72の国と地域の10万人を対象に無償配布するキャンペーンを開始。国内向けのラインアップ拡充も発表した。ビジネススーツなどを追加し、ラインナップは、メンズ8型、ウィメンズ6型の展開となった。

 

 

アメリカ、イギリス、中国など72の国と地域でローンチ

 スタートトゥデイは3日、都内で記者発表会を開催。3日13時に72の国と地域でゾゾPBをローンチしたことを報告した。最初の動きとしては72の国と地域の10万人にゾゾスーツ、Tシャツ、デニムを無償でプレゼントするキャンペーンを開始した。主な展開国は、アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・オーストラリア・中国・韓国・タイ・ベトナムなど。

 

 無償プレゼント以降の海外展開については「現時点では営業戦略上の秘密とさせていただく」(前澤社長)とした。なお、「ZOZOTOWN」については「今のところ海外進出は検討していない」(同)と話した。

 

!nextpage!

PBのラインアップ拡充、ビジネススーツ・ドレスシャツなど

 ゾゾPBでは、新たに「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」「ストレートデニム パンツ」「VネックTシャツ」「クルーネックポケットTシャツ」「スキニーデニムパンツ(ウィメンズ)」「オックスフォード(ウィメンズ)」を追加した。ZOZOのラインナップは、メンズ8型、ウィメンズ6型の展開となる。

 

 ビジネススーツは全7色で展開。完全カスタムオーダーで、注文1〜2週間で届ける。最初はスーツとシャツのセット販売のみを行う。申し込みの締め切りなどは未定。初回受注は8月上旬の商品到着を予定している。セットの定価は4万4800円(税込)、お試し価格として2万4800円(税込)で提供する。

 

 フルオーダーのため、「身長が高いが肩幅が狭く、合うジャケットがない」「お尻が大きいためパンツが合わない」などといった悩みにも応えられるとしている。記者発表会では、実際にゾゾPBのスーツを着用した、体型に悩みを持つ社員などを壇上にあげ、フルオーダーのスーツのメリットなどについてコメントした。

 

 ネクタイも8月上旬をめどに発売する。16色展開で、長さ・幅ともに6種類ずつ用意。価格は2500円(税込)を予定している。

 

 カジュアルウエアも拡充する。「ストレートデニムパンツ」(税込4900円)、「VネックTシャツ」(税込1200円)、「クルーネックポケットTシャツ」(税込1500円)、「スキニーデニムパンツ(ウィメンズ)」(税込3900円)、「オックスフォード(ウィメンズ)」(税込4900円)などを用意した。

 

ゾゾスーツはすでに約55万着を配布済み、7月中に100万枚配布完了へ

 記者発表会では、ゾゾスーツの配布状況についても説明。3日までに55万3179枚の配布が完了しているとし、「7月中には約100万着の配布を完了できる」(前澤社長)見通しを示した。量産のペースをさらにあげ、「目標通り、19年3月末までに600万〜1000万着のゾゾスーツを配布したい」(同)と意気込んだ。

 

 ゾゾPBの今後の展開については、秋口にニット関連製品を発売することが明らかになった。前澤社長はそのほか、ゾゾスーツで採寸した体型データを用いた、ゾゾタウン内のレコメンド機能の開発を検討していると話した。ただし、「お客さまからいただいた体型データを他のブランドさんに提供するといったことはない」とした。

 

 ゾゾPBのスローガンについても説明した。スローガンは「Be unique.Be equal.」。 前澤社長は「(ゾゾPBは)構想から7〜8年かけて実現した。『サイズが合わない』『似合わない』といった悩みから解放し、人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代へと変えていきたい」などと意気込みを語った。

 

アパレル生産を無人化へ

また、「ファッションとは人が笑顔になるきっかけであり、人と人をつなげる役割を担っているのではないかと思う。多くの人に勇気や選択肢を与えたい。ゾゾPBのマークは、丸と四角、二つの三角で成り立っている。全て違う図形なのは、それぞれ個性を表している。ただすべての図形のそれぞれの面積が同じ。スローガンを体現したものになっている」とも話した。

 

 PB商品の生産体制についても言及した。「体型データ」と「オンデマンド生産機器」を組み合わせた生産を行うとし、一例として(株)島精機製作所とコラボレーションし商品ごとに最適な製造インフラを構築すると言う。前澤社長が「3Dプリンターの洋服版」と称した「WHOLEGARMENT(ホールガーメント)」という機械などを使用し、無人のアパレル生産を行うとした。

 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。