コープネット、廃食油を利用した燃料で自家発電装置の実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image コープネット事業連合は9月19日、ヤンマーエネルギーシステムと協力し、生鮮品の加工施設であるコープネットフーズ桶川生鮮センター(埼玉県桶川市)で、コープの店舗で回収した廃食油を利用したバイオディーゼル燃料を使用した、自家発電装置の実証実験を開始する。

 

 実証実験では、バイオディーゼル燃料で駆動するヤンマーエネルギーシステムの発電装置をコープネットフーズ桶川生鮮センターに設置。昼間の補助電源として発電利用することで、電力需要が集中する時間帯の供給電力量を低く抑える「ピークカット」を実施する。

 

 また、発電装置と合わせ熱交換器を設置し、貯湯槽への熱供給を行うことで、既存のボイラーで使用するLPG(液化石油ガス)使用量の削減にもつなげる。カーボン・ニュートラルであるバイオディーゼル燃料を使用した電力の使用とLPGの消費削減により、年間約50トンのCO2を削減できる。実証実験期間は2016年8月までの2年間。

関連記事