増税でも節約意識に変化なし?「夏休み出費」の増税節約は半数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する(株)ロイヤリティ マーケティングが27日に公表した36回目となる「Ponta消費意識調査 2019年8月」結果によると、増税前の「夏休みの出費」について、増税を「意識しない」が51.8%、「意識する」が48.2%だった。また、「消費者の節約志向」への意識についても、63.8%が「節約したい」と回答したものの、これまでの数値と比較して高いわけではなく、節約意識は消費税増税でもあまり変化がない傾向が見て取れた。

 

 同調査は、10月以降の消費税率引き上げに伴う意識やポイントの利用意向などの把握が目的で、「Pontaリサーチ」会員3000人を対象にした。調査期間は7月下旬の2日間。

「夏休みの出費」に増税”意識した・しない”は半数ずつ割れる

 消費税率引き上げを前にした「夏休みの出費」については、「意識しない」が51.8%、「意識する」が48.2%だった。

減らすのは「外食費」「衣類等の購入費」

 この数字を受け、昨年の夏休みと比べた出費は、すべての費用で「変わらない」が最多。「減らす予定・減らした」という回答では、特に「外食費」(28.6%)、「衣類等の購入費」(31.3%)が目立っていた。

 

 

1 2

関連記事