2019.8.19

アリババグループ1Q、売上高は42%増の1兆8300億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のアリババグループがこのほど発表した2019年第1四半期(4~6月)決算によると、グループ全体の売上高は前年同期比42%増の1149億2400万元(1兆8300億円)、営業利益は同204%増の243億7500万元(3900億円)、純利益は212億5200万元(3400億円)となった。

 

 

EC売上高は44%増の1兆6000億円

 主力のネット通販事業はユーザー数を伸ばしてシェアを拡大。中国小売市場における年間アクティブコンシューマー数は6億7400万人に達し、19年3月時点より2000万人増加した。同じく、月間モバイルアクティブユーザー数は、同6月時点で7億5500万人となり、同3月時点より3400万人増えた。

 

 その結果、eコマース事業の売上高は44%増の995億元(約1兆6000億円)、クラウドコンピューティング事業の売上高は66%増の78億元(約1250億円)となった。

 

1 2

関連記事