IoT・AI活用のリモートモニタリング市場、18年は6441億円に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)富士経済がこのほど発表した「2019年版リモートモニタリング関連技術・市場の現状と将来展望」によると、18年のIoT・AI・5Gなどを活用したリモートモニタリング(遠隔監視)の有償サービス市場は、前年比2.3%増の6641億円となる見込み。さらに30年には、人手不足や業務の自動化・省力化の加速、ビッグデータ・AI活用によるデータの高付加価値化などにより、8640億円に達すると予測している。

 

 

 

 同調査は、人手不足など社会問題の解決・改善策として注目されるリモートモニタリングの国内市場について調査したもの。冷凍・冷蔵ショーケースを管理する「ファシリティ分野」、物流管理を行う「モビリティ分野」、デジタルサイネージ管理などを含む「商業・オフィス分野」、ホームセキュリティや宅配ボックスなどの「住居分野」などについても調査している。

1 2

関連記事