2019.7.31

メルカリ、鹿島アントラーズ買収へ…スポーツ振興を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリマアプリ大手の(株)メルカリは、日本製鉄(株)が保有するサッカーJ1の強豪・鹿島アントラーズを買収する。7月30日に両社が明らかにした。メルカリは(株)鹿島アントラーズ・エフ・シーの発行済株式72.5%のうち61.6%を譲り受ける。正式な株式譲渡は公正取引委員会の承認後となる。

 

 

メルカリのテクノロジーや経営ノウハウをクラブチームに活用

 クラブのオフィシャルスポンサーとして、2017年度から鹿島アントラーズをサポートしてきたメルカリは、自社が持つテクノロジーと経営ノウハウを提供することで、一層の経営基盤強化につながると判断した。今後は鹿島アントラーズのホームタウン・茨城県鹿島市の鹿行地域と一体となり、地域を含む「三位一体」の体制でスポーツ事業の振興に貢献したい考えだ。

 

 1991年に行政や地元企業と一緒に鹿島アントラーズを立ち上げた日本製鉄は、筆頭株主として約30年にわたって支援してきた。「株式譲渡後も引き続き、アントラーズの主要な株主として経営に関与し、サポートに努めていきたい」としている。

1 2

関連記事