2019.7.30

フォーイット、丸の内ソレイユ監修の景表法解説コンテンツを配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォーイットと丸の内ソレイユのコラボ

(株)フォーイットは26日、同社が運営するアフィリエイトプラットフォーム「afb(アフィビー)」のアフィリエイトに関わる法令情報専門サイトに、丸の内ソレイユ法律事務所が監修する景品表示法について学べるコンテンツ「景品表示法を徹底理解!」を追加した。アフィリエイト広告サイトを運営する上で、広告主やアフィリエイターが知っておかなくてはならない法律・ガイドラインの知識や、法に違反しない広告の書き方などを分かりやすく説明している。


フォーイットと丸の内ソレイユのコラボ

急増する広告トラブル、広告主のリスクも拡大

 近年、アフィリエイトサイトが副業として人気を誇る一方で、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)や景品表示法などを無視した不当な広告表現が増え、消費者トラブルを引き起こす要因となっている。広告表現によるトラブルは前年比110%以上で、景品表示法の違反による企業の措置命令が相次ぐなど、広告主は今まで以上に多大なリスクを負っている。

1 2

関連記事