2019.7.12

ディノス・セシール、セキュリティーベンチャー「Flatt」に出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Flatt

(株)Flattは11日、(株)サイバーエージェント、(株)ディノス・セシール、(株)メルカリCTOの名村卓氏を引受先とする第三者割当増資により、約2.2億円の資金調達を実施したと発表した。調達金額・払込日については非公開。

Flatt

(中央)Flattの井手康貴社長
(左から2番目)技術顧問に就任したメルカリ名村卓CTO

 

 

東大発のスタートアップ企業「Flatt」

 (株)Flattは、サイバーセキュリティ事業を展開する東大発スタートアップ企業。Webアプリケーションなどをホワイトハッカーが攻撃することで診断する、脆弱性診断事業の展開と新規セキュリティプロダクトの開発を行っている。同社は、情報セキュリティの知識や技術を競う国内最大のハッカー大会「SECCON2018」で、日本勢として初めて優勝した「東京大学理論科学グループ(TSG)」やセキュリティ・IT大手企業出身のメンバーを中心に構成されており、世界水準の非常に高い情報セキュリティ技術を保有している。

 同社では今回、プロダクト開発や人・R&Dへの投資を加速させる目的で資金調達を実施。現在開発中の新規プロダクトについては、クローズドベータ版による検証中で、詳細は後日公開する予定だとしている。

1 2

関連記事